<![CDATA[NAOKO KOBAYASHI - Blog]]>Wed, 05 May 2021 18:15:50 +0900Weebly<![CDATA[YouTube:シンプルワードローブが与えてくれるもの]]>Wed, 05 May 2021 08:40:47 GMThttp://naokokobayashi.webstarterz.com/blog/youtube1515107

引き続きチャンネル登録がまだの方はチャンネル登録を、
そして高評価ボタンのクリック、よろしくお願いいたします!

私の場合、関連動画がないので、なかなか拡散しないのですよ~
よろしくお願いいたします!

]]>
<![CDATA[昔から言っていること]]>Tue, 04 May 2021 23:11:12 GMThttp://naokokobayashi.webstarterz.com/blog/2105159今、YouTube動画を作るために古いブログを見直しているのですけれど、
10年も前から言っていることは同じです。
服はそんなに要らない。
たくさん持っていることとおしゃれなこととはまた別。
他人はあなたのことをそれほど見てはいない。
リサイクル、シェアをして、チープシックの実践を。
こんな感じです。

10年前といえば、
ファストファッションをとっかえひっかえ着るのがいい、みたいな感じの人たちが
たくさんあらわれ始めたとき。
ファッション誌はこぞってそちらへ流れました。
それで売り上げはアップしたのかな?

引き続き、同じことをこんどは動画で言っていくのでよろしくね。
今日はこれから動画を作りますね!



]]>
<![CDATA[ビリー・アイリッシュの言うことには]]>Mon, 03 May 2021 22:55:09 GMThttp://naokokobayashi.webstarterz.com/blog/2243923British Vogueのカバー、誰よ? と思ったら、
ビリー・アイリッシュでした。
こちら。
ビリーいわく
服装について、
「自分が気分がよければ、よく見えるのよ」

19歳にこれを言われなければわからないのかというのがねえ。

コルセットも着たいから着るのと、
着なさいと言われて着るのとでは全然意味が違います。
このスタイルをやってみたいからやったというビリーは
どこまでも格好いいのです。
それは自分についての探索と発見です。
やってみなければわからない。

やってもみないうちから決めつけたり、
誰かがお勧めするものだけに頼ったりと、
そんないい年の大人のずっと先をいく、
Z世代のビリーでした。


]]>
<![CDATA[安い香りの香水とは]]>Sun, 02 May 2021 23:34:47 GMThttp://naokokobayashi.webstarterz.com/blog/8128992香水の原価って、正直よくわかりませんよね。
原価率はもっとわかりません。

ちまたでよく言われる「安い香りの香水」とはどんなものなのかというと、
天然香料が少なく、あるいはほとんどなく、
化学的に合成された香料のみで作られているものです。
わかりやすいのは、シャンプーや洗剤の香り。
小学生のころ、実験で作ったにせの果物の香りです。

こういった香りには深みがありません。
あと、これは私の感覚ですが、
陶酔するような部分がないように感じます。

ただ、どの香水にどの程度、天然香料が使われているかは、
作ったメーカーのみぞ知るという感じ。
また、値段が高いからいいというものでもないというところも悩みどころ。

信頼できるブランドか、
または信頼できる香水のセレクトショップで買うのがいいと思います。

私が以前、WEBの連載で紹介したサノマさん。
トゥモローランドの一部の店舗で取り扱いが始まりました。
こちらはちゃんと作っているので大丈夫です。




]]>
<![CDATA[ゴールデンウィーク?]]>Fri, 30 Apr 2021 23:10:10 GMThttp://naokokobayashi.webstarterz.com/blog/4734706きのうは天気もよかったので、図書館へ行きつつ、帰りに図書館のお向かいのお花屋さんへ行きました。湘南台のルーシーグレイというところ。

ふと見ると、駐車場は満車。入れない車が入口に2台。
たぶん私が今まで見た中で一番混んでいました。
ここの花苗のお店は元農家なので、広いですから、
ある程度人数が来ても大丈夫。
きのうは平日ですが、お休みの方が多いんですね。

ここで売られている植物の苗は、シックな色合いのものが多く、
おしゃれ度が高いです。

ガーデニングブームは以前の盛り上がりほどではありませんが、
今みたいな状況だと少し復活してきたのかもしれません。

今年はとにかくペチュニアのカラーバリエーションが多いです。
あんまり多いので何をどう選んだらいいかわからないほどです。

今みたいな状況のときは植物とか動物と触れ合うのがいいですね。

]]>
<![CDATA[アカデミー賞受賞作品]]>Thu, 29 Apr 2021 23:48:17 GMThttp://naokokobayashi.webstarterz.com/blog/5319608アカデミー賞衣装デザイン賞とヘアメイクを受賞した作品を見るつもりで、
Neflixをつけて、ドキュメンタリー賞をとった作品を見てしまいました。
「オクトパスの神秘」です。
タコについてのドキュメンタリーです。
タコの知能がそんなに高いなんて、知りませんでした。
犬猫と同じ程度なんだそうです。
タコと人との交流を描いていて、最後は号泣です。
(当分、タコを食べる気がしません・・・)
題名だけだと見ようと思わない感じなのですが、
面白いのでぜひごらんください。

さて次こと、アカデミー衣装デザイン賞の作品を見ます!


]]>
<![CDATA[シンプルワードローブと季節]]>Wed, 28 Apr 2021 06:32:21 GMThttp://naokokobayashi.webstarterz.com/blog/1164953
動画アップしました。
日本の夏が長いから、春物、秋物は着る期間が短いよ、という話です。
引き続き、高評価ボタンのクリック、よろしくお願いいたします。

それにしても、いいものを長く着ましょうとか、
靴はお手入れしてしまいましょうとか、そういう動画を作ると、
必ずや、登録者が減るんですね~
チャンネル登録がまだの方はチャンネル登録もよろしくお願いいたします!


]]>
<![CDATA[今年のゴールデンウィークも]]>Tue, 27 Apr 2021 23:26:27 GMThttp://naokokobayashi.webstarterz.com/blog/7439768なんと気が付けば明日からゴールデンウィークなんですね。
藤沢市はまん延防止等重点措置の措置区域には入っていないんですが、
措置区域に囲まれていますし、ゴールデンウィークに海岸に人が集まると予想されますので、
特にお休みのときは来ないほうがいいでしょう。
(平日の日中はそれほど人が集まっていません)

住んでいる地域によってかなり違うと思いますが、
神奈川県は今年のゴールデンウィークもおとなしくしていろ、
という感じです。

ちなみに、藤沢も江の島がオリンピックのヨット競技の会場になってるんですよね。
オリンピック、都民だけの話じゃないんですよ。
夏場はよりいっそう、海へは近づけなくなりますね。
]]>
<![CDATA[例年より1か月遅れのアカデミー賞]]>Mon, 26 Apr 2021 23:34:15 GMThttp://naokokobayashi.webstarterz.com/blog/18188719きのうは例年より1か月遅れのアカデミー賞でした。
衣装デザイン賞とメイク&ヘア賞は「マ・レイニーのブラックボトム」という作品。
なんか聞いたことがあるなと思ったら、Netflixにある作品でした。
まだ見ていなかったので、後で見たいと思います。

そのほか、Netflix作品がいろいろ受賞。
ドキュメンタリー賞「オクトパスの神秘」
美術賞・撮影賞「マンク」
短編アニメ賞「愛してるって言っておくね」
短編映画賞「隔たる世界の二人」
これら全部Netflixで見られる作品。
ノミネートも含めたらもっとたくさんあります。

映画好きはNetflixに入らなければ、ですね。

今年はゼンデイヤの真っ黄色のヴァレンティノのドレスがよかったです。



]]>
<![CDATA[アルベール・エルバス]]>Sun, 25 Apr 2021 23:03:33 GMThttp://naokokobayashi.webstarterz.com/blog/6951623ランバンの元クリエイティブ・ディレクターのアルベール・エルバスさんが逝去されました。
ランバンを去ってから、最近新しいブランドをやるよ、とアナウンスされたばかりでした。
ご冥福をお祈りいたします。

アルベールがランバンを去ったのが2015年。
このちょっと前からファッションのカジュアル化が急激に進み、
彼の特異なドレスの需要がなくなったんだと思います。

残念ながら私は試着も含めて、ランバンは着たことがなかったので、
どんな感じなのかわからないのですが、
最近も過去のランバンがあるのを見ると、1度着てみたいな、と思っていたところでした。
ドレスとしてはかなり完璧だったと思います。
(私の記憶では、日本ではIKKOさんとYOUさんがよく着ていらっしゃいました)

エレガンスという言葉がとてもよく似合うアルバール・エルバスの作る服。
アーカイブがどこかにあったら、
皆さんもご覧になってください。


]]>